« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月24日 (日)

撮影会

今日はいわきまで行って海の見える公園でひと遊び。
郡山に比べると暖かく、天気もよかったので気持ちよかった。
子供たちもひきこもってばっかじゃねえ。

で、わざわざいわきまで行って僕がやってたのはHPに載せる道具たちの写真撮影。
子供連れが多数訪れる公園の片隅でキャンプ道具を広げて写真撮影をやってる自分・・・何やってるんだかねえ(笑)。
道具も結構増えちゃってますなあ。
進化の歴史か、はたまた散財の歴史か、、、

100124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

寒いですねえ

年明けから寒い日が続き、先週も真冬日が何日かあったよう。毎日朝は薄く雪化粧でとても自転車で通勤する気にならんねえ。雪中キャンプシーズンではあるが、今年は行けるかなあ。
キャンプに行けない代わりに年末キャンプで壊れたキッチンテーブルの代替品を物色…だけでなくポチっと発注。新しいグッズを買うと今度は使いたくなるのが人情ってやつです(笑)。

冬の読書シリーズ第二弾。
「戦略思考コンプリートブック」 河瀬誠
年末の休み前に課長に冬休みの宿題代わりに渡された本。会社の研修でやりそうな内容ではあるが面白いは面白かった。どっちかというと左脳人間だと思ってるんだが、右脳はもとよりイシューツリーとか作るのも実際やるとなると結構大変なので、普段使うかどうかが結局は問題ですな。

「日本人が知らない恐るべき真実」 安部芳裕
日本を中心に世界の金融の仕組みについての本。リーマンショック前から書いてたようなのだが、その後の動きが何となく納得するような気も。仕組みを作ってる人間に騙されて大損したくはないなあと思うんだが、日本が財政破たんしたらどうすることもできず巻き込まれるしかないところが納得いかん。それにしても、国家予算が複式簿でないってありえんよなあ。

「最強の経営学」 島田隆
「質問力」 斎藤孝
戦略思考コンプリートブックの巻末で紹介してあったのでなんとなく読んでみた。読んでる間はふーんと思うんだが、あっという間に忘れてしまう。。最強の経営学のほうは出版が2001年でちょっと古く、書かれた時点で良い企業というかよい経営として挙げられているところもサブプライム問題の引き金になってたり、今は赤字で苦しんでたり。分析手法なんてのはそれなりに使えたりするんだろうけど、結局は経営者が何を基準にどう判断するか、決断するかがね、、、時のブームに踊らされて中身がないなんてのは勘弁。質問力の方は座標軸を持って質問を考えるっていうのがなるほどってところか。自分のことは棚に上げてってやつだが、どうでもいい質問ばかりするワイドショーやスポーツの試合後のインタビューの人に読んどいてもらいたいねえ。この前見かけた大リーガーの松井に“ロッカーのこの椅子で奥さんに電話したりするんですか?”とか聞いてるのがあったが、ほんとそれ聞いてどうすんの?って思うもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

休暇終了

昨日実家から戻ってきて今日は金融機関めぐりや買い出しなど。
明日から仕事始めで正月休みも終わりです。
10日もあったのにあっという間でございます。

実家まで車で帰ったので、福島→栃木→群馬→埼玉→東京→神奈川→静岡→愛知→三重→滋賀→京都→大阪→兵庫→岡山→兵庫→大阪→京都→滋賀→福井→石川→富山→新潟→福島と1都2府14県をまたいでの大移動、帰り道の日本海側は大雪だし計2200kmを超えるドライブにもさすがに疲れたなと。
前科者としては事故なく戻ってきたのが何よりですが、、、

岡山に行く途中にいつの間にかできていた伊勢湾岸道~新名神に抜けるルートをとおったが伊勢湾岸道はなかなか見晴らしのいい道だった。
名古屋にいるころに日本で一番高い道路だとかで批判されてたような気がしたが、走る分にはさすがに快適。
帰りの北陸道は一転して延々雪道、同じ日本とは思えん雰囲気の違いですな。

0912293

100103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

2010年、明けましておめでとうございます。

年末は富士山麓でキャンプ納め、ちょいとしたアクシデントもあったがYさん一家と楽しいひととき。
他にも学生時代の友人にあったりで穏やかな休日。
結局去年はキャンプばっかりやってましたなあ。
今年はもうちょっと真面目に働かないといかんか?

日本海側は大雪らしいが実家は穏やかな元旦。
今年一年も穏やかに過ごしたいものです。

皆様、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »