« つぶやき | トップページ | 情報というもの »

2011年3月21日 (月)

帰郡

明日から会社が再開されるということで約一週間ぶりに郡山に戻ってきた。
県内のガソリンスタンドで給油しているところは見かけられず、閉まっている店も多かったが、多くのタンクローリーや災害救援の紙を貼った車、物資を運んでいると思われるトラック等を見かけ、郡山市内でもあいている店もあり少しずつ街が元に戻るために活動をしているんだと感じられた。

被災地の方々の悲痛な声が届く一方、それを助けよう、力になろうとしている方々の声も聞く。
誰かがやらなければもっと多くの命が失われ、ライフラインや物流の復旧もすることはないということを思う。
依然状況が心配な原発も対応している人も増強され、その人たちの努力により事態が好転しているものと信じたい。
関東圏でも停電や品不足となっており地震により影響を受けた人・地域が被災地なら日本中が被災地状態。
自分は平和な実家で心身を休められたので幸せですな。

泉谷しげるを見習って一日一偽善、何か考えるかな。
それはさておき明日からの会社まともに頭働くかいな。。
何をやるんだったか全て頭から飛んでしまったなあ。。。

|

« つぶやき | トップページ | 情報というもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰郡:

« つぶやき | トップページ | 情報というもの »