« 情報というもの | トップページ | 水とベクレル »

2011年3月22日 (火)

そこに心はあるか?

今日から会社が再開されたがまだ試運転中といった感じで午前中で帰宅。
時間があるので買いこんできた本を手に取る。
一冊目は野田正明著“災害救援”。
まだ途中だが、関東大震災と阪神大震災の記事が似ているという話に今の状況も似ていることに気づかされる。

ラジオから今日も放射線測定値(マイクロシーベルト/h)と胃検診(マイクロシーベルト)を比較する放送が流れてくるので比較は不適切だとメールしたらその後の放送で胃検診の比較が放送されなくなった。
自分のメールの影響かどうかは分からないがFMふくしまにはやはり心があると感じる。
きっと涙ながらに現状を訴える福島県知事にも原発から帰ってきた消防隊に涙を流す東京都知事にも心はある。
でもそれは自分も含め今回の震災があまりに広範囲におよび何らかの形で被災した人がもっと大変な被災地へ向かっているからなのかもしれない。
ならばそれは自分の心の声を聞いているだけで他の人の心の声を聞いているわけではないのかもしれない。

今日久しぶりに会った会社の同僚でも実家の家が流された人がいる。
家族の安否がわからない人もいるらしい。
自分の家族の声を聞くのも難しいがそういった人たちの心の声を聞くのはもっと難しい。
でも耳を傾けなければ声が聞こえることはないだろう。
元気な自分は想像力を働かせ、思考停止が起きないように注意しなければならない。

どさくさにまぎれて略奪する人や義援金詐欺を行う人、非常事態に恫喝する人などはさておき、多くの心はつながっているのだろうか。
心と心をつなげようとするラジオのパーソナリティやNHKの放送姿勢の心は確かに感じられる。
被災者の心がいやされるように横に立ち、自らの手で前へ歩きはじめるときに手を差し伸べるのがボランティアの、救援する側に必要なことだと本にある。
多くの義援金が集まっていることが連日報道されている。
自分も微力ながら参加したが実はどう使われるのかはわかっていない。。
何千万単位で寄付する人もいたりする善意の心が本当に役立つことを願う。
今起きていることを注意深く観察し、つらいこと、おかしいと思うこと、今後のこと、それぞれの心の声を周りに聞こえるように表に出すことも必要なはずだ。
最近ブログの駄文が長いのはきっとそのために違いない(笑)。

話変わって線量計を部屋においてたら1マイクロシーベルト/h程度だった。
携帯横で使ったら反応するぐらいなので放射線による影響だけとは限らないが、家の中だと1/10というのは違うい、せいぜい1/3ぐらいのような。
まったく換気せず、出入りしない状態の家なんて窒息するしありえない。

福島県の放射線量は福島県災害対策本部のHPに載っているが気になる郡山の水道水の情報は見つからず。
どこがだめというのではなくここは測って安全ですという発表がなければ不安を解消できるはずがない。
水が汚染されたら内部被曝はもちろん、除染もできん。
http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm

食品検査の規則も見たが牛乳やホウレン草が最初に試験されているのは最初に試験する項目だからのようだ。
つまり、他のものは試験してい中ら分からないという風に読めてしまう。
安全なので冷静にというのであれば何を検査して何は検査していない、問題ないのは何だと発表するのが筋だろうに。
急にベクレルとか単位変わられてもすぐにはついていけんしな。

ヨウ素はすぐ半減期を迎えるから大丈夫・・・毎日毎日新しいヨウ素が飛んでくるのに安全?
半減期が8日ということは8日たってもまだ半分?
なら8日間で表面が洗われないなら10マイクロシーベルト/hなら10*24*8=1920≒2ミリシーベルト分たまるってこと?(減衰の速度無視で単純計算なのでまちがってんだろうな)
まして他の物質は半減期30年、ほとんどずっと消えませんと言ってるようなもの。
いわきの海も予想されたように放射能に汚染されてしまっているようだが、水に洗われて浸みこんだらどこに行くのか。

線量計を持っているわけでもなくどれだけ被曝したかもわからないから後で何かあっても立証するのは絶対無理。
今適当に言いくるめてしのげば絶対わからないし、すぐに影響出るもんでもないし、これ以上避難区域広げたら収拾つかないしって政府や原子力保安院、東電は思ってるんじゃないかと勘ぐってしまうね。。
原発に電気が通電されるようになってきており、このまま無事に収束して放射能漏れが収まれば確かに今の避難区域外の地域はおおむね救われるのであろうが。
専門家のいうことがあとからは間違ってたっていう話は歴史上いくらでもある話。
過剰反応と思われても結局自分の身を守ってくれるの自分だけ。
地震や津波のみならず放射能にまで自分の故郷を奪われた人たちの心の叫びはいくばかりか。。

|

« 情報というもの | トップページ | 水とベクレル »

原発関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこに心はあるか?:

« 情報というもの | トップページ | 水とベクレル »