« 地震から三日 | トップページ | 帰郡 »

2011年3月17日 (木)

つぶやき

原発の状況が悪化したこと、会社がしばらく自宅待機ということから昨日実家に移動。
原発で働いてる人、復旧作業にあたっている人、避難している人、各種経済活動を通して生活を支えている人・・・、数多くの人が福島を始め日本中で活動したり、つらい思いをしている中、何もせず家にいる状態。
ラジオ等で聞く被災者側、被災者以外の側どちらの声も分かる気もするが、事情は人それぞれ、自分の選択が正しいかどうかは分からない。
知人がすべての判断が正解とメールをくれたが、きっとそうなんだろう。

郡山に戻り次第、できることからやるのはもちろん、事故で不安を感じることの無いものを作る、災害に強い社会作りに何が出来るか考え続ける、そういったことがいちエンジニアにとって出来ることだろうか。
きっと実家にいる日々が終わったらだんだん忘れてしまうだろうから記録してまた振り返ろう。

地震発生以来、両親、友人、会社の同僚・・・いろんな人が気遣って連絡をくれている。
その気持ちが我が自分や家族の支えになっている。

郡山から実家に走る車の中で震災を伝えるラジオ聞いてたらなんだか泣けてきた。
ほっとしたような、申し訳ないような、仙台の親戚や郡山の会社の人など残っている人が心配なような、なんで泣けてきたのか良く分からなかったが、埼玉に家族を送る時に嫁さんが泣いていた理由だけはなんとなくわかったような。

おとといは次男の誕生日。
両親含め家族でお祝いできたことがなんとありがたいことか。
郡山では少しずつガソリンも手に入ってきそうな感じ。
飲酒店が開き始めたり、浜通りから避難してきた人の助けになろうとしてる人がいたり。
今戻っても食料や燃料を取り合うだけだろうか。
ともかく、自分も郡山に戻ったら出来ることをがんばらなくっちゃ。

|

« 地震から三日 | トップページ | 帰郡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき:

« 地震から三日 | トップページ | 帰郡 »