« 歌 | トップページ | 一ヶ月 »

2011年4月10日 (日)

被災した各地でも新学期がスタート。
郡山市でも明日が入学式だが、結局しばらく子供たちは仙台の嫁さんの実家へ避難させることにしたため不在。
向こうは向こうで地震で校舎が使用不能のため隣の中学校等に移転中らしい。
同じく転園することになった次男ともども不慣れな土地ではあるが元気に過ごしてくれることを祈る。

ようやく買いこんだ本の一部を読んだ。
現在進行形で進んでいる現実と本に記載されている内容・・・津波や原発は実際に目の当たりにしなければきっとどこか遠い話のままだったに違いない。
それ以前に、そもそも本を手に取らなかったんだろうが。。。

災害救援 野田 正彰
津波災害――減災社会を築く 河田 惠昭
原子炉時限爆弾 広瀬隆

そして、やはり心に重くのしかかるのは今や世界のFUKUSHIMAになってしまったと思われる原発の話。
あまりにもひどい。
原発の現状が、それを放置してきた社会が、そして無知だった自分たちが、、、

大断層の上に作られている浜岡原発や柏崎原発、伊方原発をはじめとする数々の原発たち。
地震で事故が起きるたびに想定震度を引き上げ、別に立て直したわけでもないのでつぎはぎで補強することで安全だと言っている電力会社や原子力安全委員会たち。
地震なんて起きなくても事故を起こして今現在にっちもさっちも行かなくなっているもんじゅに、大量の行き場のない放射性廃棄物の捨て場になっている六ヶ所村。
六ヶ所村の再処理施設も今回の地震で外部電源が喪失して非常電源でようやく冷却しているらしいが、六ヶ所村の処理施設が暴走すると今ある分の放射能の1%が漏れただけで300km圏内が1シーベルト~直ちに影響が出ると思われる~の被曝圏内という試算もあるようだ。

福島の今の状態でもまだラッキーなのかもしれない。
他の原子力関連施設が事故を起こしたら・・・日本人が住む場所が冗談でなく無くなってしまうではないか。
そしてそれが起きうることは今回の原発事故が証明してしまった。
大事故寸前で止まっていた上越地震時の柏崎原発のときには他人事で全然気にしてなかった。
今回も福島や茨城県民以外の人は他人事の人も多いんだろうな。

でもいつの間にやら今や原発を持っていない電力会社は日本にはなく、断層だらけの日本に安全な原子力施設など一つもないだろう。
そもそも廃棄物の管理を何万年単位で行わないと影響がなくならないような強烈な毒を発生するものが、処理の仕方も決まっていない状態で増え続けて手に負えなくなっているなんてあまりに無責任ではないか。
この現実を前にこれから何ができるのだろうか。
三十数年、自分は結構楽しく過ごしてきたように思う。
小さなわが子たちが今の自分の年齢になった時、日本で人生を楽しんでいるだろうか。
それとも親たちをうらむような社会になっているのだろうか。
まだ手遅れではない・・・はずだ。

|

« 歌 | トップページ | 一ヶ月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 歌 | トップページ | 一ヶ月 »