« 夕日に乾杯 | トップページ | 偵察 »

2011年5月 7日 (土)

まだこれから

昨夜、危険度No.1と言われている浜岡原発が止まるのかと思ったら要請だった。
何とも微妙で世論の反応も微妙な感じだが、止めることが苦手な日本社会にとっては転換点になるかも。
運転再開の是非は話題になっても、今動いているものについてはほとんど話題になってないのがそもそも変。
すでに54基のうち半分以上が止まってるのに、もう2つ止めると電力不足がうんぬんカンヌンと言うのもどうもピントがずれているように思うのだが。

再開阻止しても、事故で止まったものはさておき定期点検で止めてたものまで再開しないようになると、一度止めると再開できないからと定期点検せずに動かし続けることにならんかと思うし。
新しい原発の建設が困難で金もかかるからと古いのを動かし続けて事故に至った福島原発みたいなのが今後出てきても困る。

それはさておき、子供の放射線20msV基準撤回の署名運動が行われている。
県内小学校等の校庭の除染すらままならない状況、福島県内はまだまだこれからの取り組みが重要と思う。
呼びかけ団体の一つ、福島老朽原発を考える会のブログから。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/05/post-e10a.html

そもそも文科省の20msV基準について原子力安全委員会は安全とは言っていないとか。
結局誰がどう決めたのか全くよくわからない。
100msVは安全だと言っている福島県のアドバイザーにも指導が必要だという見解だそうだ。
高給もらってる原子力安全委員会がまともに仕事しているようにも見受けられんが、いったいどうなってんだか。

リンクいくつか。県内で活動を始められた方もいるようで頭が下がります。
だんだん日常生活に戻ってきて、危険だと声をあげるのもはばかれる雰囲気になってきているような気もするし。

・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク : 5/1に出来たばかり
http://kofdomofukushima.at.webry.info/

・福島老朽原発を考える会 (フクロウの会) : 首都圏団体らしいが福島原発情報もいろいろ
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/

・郡山市在住、子を持つ親
http://twitter.com/#!/koriyama_oya

・江川詔子氏ブログより
http://www.egawashoko.com/c006/000330.html

|

« 夕日に乾杯 | トップページ | 偵察 »

原発関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだこれから:

« 夕日に乾杯 | トップページ | 偵察 »