« ばかばかしくって・・・ | トップページ | 買ってしまった »

2011年6月11日 (土)

3ヶ月目のつぶやき

3.11から3か月。
NHKの3カ月特番を見ながら一人酒をちびちび。
報道されている人達とは比べるべくもないが、3か月という時間が過ぎたのかと。
個人的には原発に右往左往した3月、会社ともども復旧期間だった4月、これまでとはちょっと違うながらも日常のペースが出てきたGW以降とといった感じ。

だいぶ体調も良くなったが、大した被害もない僕が回復するのに3カ月。。。
うーん、被災して多くを失った方が立ち上がり、回復するのに時間がかかるのは当然なんだろうな。
空き室だったアパートの一室に今週からいわきナンバーの車が止まっている。
震災で浜通りから来たのだろうか。
県内のアパート需要が旺盛だとか。
自分の子供たちもだが、新たな場所で暮らし始めた人も多いのだろう。

全国的な節電対応。
会社も節電で部屋が暑い。
放射能を心配して窓を開けるなという声と節電のために窓を開けようという主張。
マスクに長袖を着用させたい親と暑がる子供たち。
まわりの家の洗濯物はあまり外に見かけず、窓も開いていない。
本格的な夏になったらどうなるんだろうか。

震災での時間的、金銭的、人的な損害。
そんなことは世界から見れば関係ない話で待ってくれることも保障してくれることもない。
そんな中で内向きの話ばかりしている政治家たちへの憤り。
福島県をはじめとする農産物、工業製品に対する外からの放射能に対する目は厳しい。
世界から見て納得される基準でなければ結局意味がない。

風評という言葉を聞く度にいらっとくる。
まるでこっちが悪いみたいじゃないか。
風評じゃなくてただの被害だと。
使えない基準のおかげでどれだけの無駄な苦労を生むのか分かってるのかと。
風評だというから賠償も進まない。
あとからあとから言うことが変わるから信頼されない。

被災した街を救い、原発被災地を助けるために費用が必要ならそのための負担は受け入れたいと思う。
変な利権で無駄に使われるのでなければ。
義援金も届かないし、いろんな利権が綱引きをしているようでは信頼できんがなあ。
借金を残し、核廃棄物を残し、年金の、医療費の負担を後の世代に押し付けるのは罪だろう。
外に目を向け、未来に思いを馳せ、今の現実と向き合うことが大人たちすべての責任だと忘れないようにしたい。
急に出来ることが変わるわけでもないんだけど。

|

« ばかばかしくって・・・ | トップページ | 買ってしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3ヶ月目のつぶやき:

« ばかばかしくって・・・ | トップページ | 買ってしまった »