« 誠実 | トップページ | エコキャンプ »

2011年11月13日 (日)

報道と情報

グダグダ話の続き、、、

TPPに脱線したのでちょっと気になってググってみたが、なんだかよくわからんね。
交渉して嫌ならやめればと書いたが、そもそも日本にTPPを利用してどうしたいとか、あるべき姿がどうあるべきかというビジョンがあるんだろうか。
FTAもうまくやれてなかったように思うが、その状態でテーブルに乗っても確かに自滅するかもね。

しかし、農家の反対と経団連の賛成の話しか報道しないマスコミってなんなんだろ。
誰が賛成とか反対とか以前に、何が行われようとしているのか、それぞれのメリットやデメリットは何なのか、なぜ賛成と反対があるのか、アメリカはなぜ参加させたいのか・・・それを分かりやすく報道しないと仕事してるといわんだろうに。
あなたはどっちですか?なんて農家のおじいさんに聞いてああそうですかなんて、子供のお使いじゃん。

今日の一面が東電福島原発所長の“死ぬだろう 数度思った”ってね。。
事故直後の一週間の時に大丈夫なんて言われて自宅待機させられていた人が聞いたらなんて思うか。
そして、マスコミも自分たちがどういう報道していたかちゃんと分かってんのかね。

人は知っている情報に基づいて判断する。
新聞、テレビ等で報道される情報が影響力が強い。
そこで流される情報は起きている出来事すべてではなくすでに取捨選択されていて、都合の悪いことは報道されないことも多々。
結局そこに介在している人の意思が反映される。
報道する側が意思もなく鵜呑みにしているだけだとそれはそれでどうしようもないが。
まあ何でも自分の頭で物事の背景から考えないといけないということなんだろう。

|

« 誠実 | トップページ | エコキャンプ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回の震災で大本営依頼の情報操作を感じたのは事実ですね。

ただ、当時と違うことはネットという新・メディアがあること。だけど、そこに流れている情報は、本当か嘘か自分で判断しなくてはいけないという、ちょっと面倒くさいヤツ。良いんだか、悪いんだか。裏取りまでしてたら、本業の仕事出来ませんよ、って声が聞こえてきそうだが、裏取りをする覚悟がないとネットの情報だけを頼りにするのは危険ですね。

TPPに関して、僕も取ってる新聞の該当記事を読んだが、メリット・デメリットがよく分からん。もしかすると、それは初めの話題になった時に記事に書いたと新聞社の人には叱られそうだけど、当時は興味がそんなに無かったが、今知りたい。そうするとまたネットに情報を探しにいくのか〜、

いや、なんだか、良いんだか悪いんだか、情報が怒濤のようにながれてるから、取捨選別が難しいね(>_<)

では、また(^^)/

投稿: ふくだ | 2011年11月15日 (火) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道と情報:

« 誠実 | トップページ | エコキャンプ »